リウマチと体の免疫力

リウマチの予防にニンニクを活用しよう!

投稿日:2018-05-29 更新日:

花子
ニンニクには、以下の効果があります!

  • 疲労回復
  • 免疫力低下の抑制
  • 病気予防

そこで、ニンニクの成分や効果、食べ方を詳しく調べました!

ニンニクを上手に摂ってリウマチの予防に活かしましょう!

 

ニンニクの役立ち

ニンニクは、元気の源と言われています。

 

実は元気の源はニンニクに含まれるイオウ化合物という成分です。イオウ化合物が、体内でアリシンなどに変化します。

 

アリシンの効果

  • がん予防
  • 血行促進

血行促進を促すため、体の巡りが良くなります。リウマチの予防にもおすすめの食べ物です。

 

ちなみに、にんにくには、アレルギーを緩和するビタミンB6の豊富に含まれています。

 

免疫力をアップするために!

免疫力アップに効果的な食べ方を紹介します。

1 疲労回復には加熱処理がおすすめ。
2 ニンニクは、豚肉や大豆と一緒に食べる。
3 ニンニクはすりおろしたら10分~15分はおきましょう!

 

花子
ニンニクの効果的な食べ方を

以下で詳しく解説していきますね!

 

①疲労回復には加熱調理して食べましょう

にんにくに含まれる、スコルニジンはアリシンが熱で分解されることによって生まれます。

 

スコルニジンは、抗酸化力がとても強いです。

>>05_関節痛みやリウマチの炎症がひどい時に良い食べ物は?

抗酸化力が強いため、体を若返らせてくれますし、新陳代謝を盛んにしてくれます。

 

酸化を抑制してくれるため、疲れずらぶ疲労も回復しやすくなります。

 

②にんにくは、豚肉や大豆と一緒に食べる。

にんにくに飲まれるアリシンにはビタミンB1の吸収を高める作用があります。

 

ビタミンB1は、 皮膚や粘膜を強化して免疫力を上げる効果があります。

 

豚肉や大豆はビタミンB1を多く含んでいるのでおすすめです。

 

花子
ニンニクと一緒に食べればビタミンB1をたくさん吸収できるってわけですね!

 

③にんにくはすりおろしたら10分から15分は起きましょう

にんにくに含まれるアイリンは酵素の作用でアリシンに変化します。

 

アリシンが十分に作用してくれるのが10分から15分後になるのです。

 

10分から15分経つとアリシンが多く含まれた状態になるのです!

 

にんにくを食べる時のポイント

にんにくは細胞を壊さないと有効成分が生まれないのです。

 

細胞を壊すベストな方法

1 調理の段階でニンニクを細かく切る
2 すりおろす
3 すりつぶす
4 食べるときによく噛む

壊れた細胞から硫黄化合物が出て、酵素と反応し様々な成分に変化します。

 

病気に負けない体づくりに役立ってくれます。

 

 

にんにくからできる成分

にんにくが酵素と反応してできる成分は主に以下です

成分名 働き
アリシン ビタミンB1ビタミンB6に働きかけて免疫機能を維持してくれる。
スコルニジン 体をポカポカと温めてくれる

 

アイリン+酵素の働き」によって、効果を発揮してくれます!

 

またジスルフィド類というイオウ化合物には抗ガン作用が認められています。

 

 

【参考】ニンニクレシピ

 

>>リウマチを予防する方法を総まとめ!

-リウマチと体の免疫力

Copyright© リウマチを未然に防ぐためにすることは? , 2018 All Rights Reserved.