リウマチと体の免疫力

キャベツは胃腸の粘膜の保護に有用

投稿日:2018-05-29 更新日:

花子
野菜をか買うとき、まず何の野菜を選びますか?

キャベツという方も多いかと思います!

 

キャベツの成分と効果効能

キャベツには 以下の成分が含まれています!

 

成分名 働き 多く含まれる部分
ビタミンC NK細胞を活性化する。 外側の葉、 芯
ビタミンU(キャベジン) 胃や十二指腸の粘膜を修復する。
イソチオシアネート ガン等を抑制する。
インドール 有害物質を解毒する。

 

どの成分もキャベツの芯に多く含まれています。

 

芯は捨てずに、細かく切り刻んだり、薄く切るなどしてたべ残さずに食べるようにしましょう。

 

免疫力アップの摂り方

 

キャベツを食べ方を免疫力アップの視点から紹介します。

  • ジュースにする。
  • 酢漬け(ザワークラウト)にする。

 

花子
キャベツの食べ方って色々あるんですね!

千切りばかり思い浮かべてました^^

 

ジュースにする

キャベツの生を食べられないという場合は、ジュースにしましょう。

 

特に胃腸にトラブルがある場合、キャベツの絞り汁を少しでも毎日飲むと効果的です。

 

酢漬け(ザワークラウト)にする

キャベツと塩だけで乳酸発酵させたドイツの伝統色です。

 

酢漬けと言っても酢は使いません。

 

ザワークラウトには植物性乳酸菌が非常に多く、腸の善玉菌を増やして免疫力を強化してくれます。

 

ガンの抑制効果も高いという報告もあります。

 

【関連記事】ザワークラウトの作り方は簡単!

【フォローアップ】ザワークラウト(キャベツの酢漬け)の作り方

-リウマチと体の免疫力
-

Copyright© リウマチを未然に防ぐためにすることは? , 2018 All Rights Reserved.