関節の痛みやリウマチの炎症がひどい時には?

リウマチの痛みがひどいとき、炎症を緩和させたいときにおすすめできる食べ物をリサーチしました。
是非、参考にしてみてくださいね!

 

痛みはどのうように進行するの?

リウマチの痛みは以下のようにして進行していきます。
炎症がおきる→軟骨がすり減る→骨がすり減っていく

 

炎症というのは、自分の体の細胞やたんぱく質などを異物と間違えて攻撃してしまうこと(自己免疫疾患の状態)なのです。

 

リウマチの痛みがひどいとき

 

リウマチの痛みがひどいときには、抗酸化物質を意識して摂取するようにしましょう。活性酸素は体にとって必要なものではありますが、過剰に発生してしまうと細胞を酸化させて傷つけてしまいます。これが、リウマチの痛みをひどくしてしまうとも考えられます。

 

コラム|抗酸化物質とは?
医薬品、化粧品、食品などの酸素が引き起こすラジカル反応を補足、停止させて変質を防御する物質のことをいいます。

 

抗酸化物質は以下の栄養素から摂ることができます。

 

ビタミンC

ビタミンCは抗ストレスホルモンの分泌促進、体内の酸化防止の促進効果が期待できます。

 

ビタミンE

ビタミンEも高い抗酸化作用を持つビタミンです。血流を整えることで痛みを抑えてくれる作用があります。
体内にある不飽和脂肪酸と活性酸素と結びつくことで、過酸化脂肪酸になるのを防いでくれます。

 

βカロテン

βカロテンも活性酸素を抑えあ心筋梗塞などの生活習慣から守ってくれます。

 

 

炎症を緩和させたいとき

炎症を緩和させたいときには生姜、ターメリック、ニンニクを食べましょう!

 

これらの食べ物は、炎症激化物質を抑制してくれるのでおすすめができます。具体的にプロスタグランジンという物質ややロイコトリエンという物質が炎症を激化しますが、生姜等の食べ物はこれらの物質の分泌を抑制してくれます。

 

ナス科の食べ過ぎには注意

ナス科の食べ物には、アルカロイドという物質が多く含まれています。このアルカロイドという物質は関節炎を強くする可能性があります。逆に食べると炎症が止まったという報告も目にします。

 

 

コラム|アルカロイドとは?
アルカロイドとは、自然界に存在する強い毒物をいいます。このアルカロイドは抗がん剤にも使用されたりもしています。適量までは薬になるものの、摂りすぎると毒になるという側面を持ち合わせています。

 

ナス科のたべものとは具体的には、ナス・ピーマン・唐辛子・ジャガイモ・トマト・きゅうりなどです。
もちろん、ナス科の食べ物も日常生活に欠かせないものばかりなので0にするのは現実的ではありませんね。

 

まとめ

@ 痛みがひどいときには、抗酸化物質を摂るようにしましょう。
A 炎症がひどい時には炎症激化物質を抑止してくれるものを積極的にとるようにしましょう。
B 自然界の毒素とも行けるアルカロイドを含んだナス科の食べ物の取りすぎには注意しましょう。

 

 

リウマチのサポートアイテムを探している方へ

 

リウマチが進行し、関節が痛い。痛みを和らげるのをサポートしてくれるサプリメントも紹介します。

 

 

 

非変性2型コラーゲン(uc-2)サプリメント。関節痛・リウマチなどでお悩みの方への必見商品です。

 

ハーバード大学で研究開発され世界的にも人気なサプリメント!

 

製薬会社で製造されているので、安心・安全!

 

何といってもリピーターが多い!