リウマチを予防・防止する上で注意するべき食べ物は?

リウマチを予防・防止していくにあたって、あまり良くない食べ物や注意した方がいいことを紹介します。

 

ここでは、前提知識としてリウマチが発生するメカニズムを確認した上で食べ物のことも確認しておきましょう!

 

リウマチの原因は自己免疫疾患、関節の炎症や痛みが発生してしまいます。ご自身の免疫が体内のたんぱく質等を異物と誤認し、攻撃してしまうのです。
このページではリウマチを予防・防止するにあたって注意しておくべき食べ物を紹介しています。リウマチの悪い食べ物を確認するとともリウマチに関して理解を深めることができます。

 

食べ過ぎに注意した方がいい食べ物は?

 

リウマチを予防・防止するために注意すべ期なのが加工食品等の人工的に手を加えたものです。

 

加工食品等というのは例えば、加工肉や白砂糖や加工食品、アルコールなどです。これらは酸性の食べものであるため食べ過ぎはおすすめできません。

 

 

 

【注意】全く食べないのもいけません!あくまで食べ過ぎに注意という点に注意してくださいね!

 

肉や白砂糖も体に必要な食べ物ではありますし、美味しい食べ物もたくさんあるため必要分量は食べるようにしましょう!

 

 

例えば、肉類は必須アミノ酸が含まれており体の筋肉のもととなります。その他うつ病の予防にもなったりと、体に欠かせない要素でもあります。

 

あくまで食べ過ぎに注意するべきとう程度であり、体が錆びた状態にしないっ程度にしましょう!

 

コラム〜必須アミノ酸とは?〜

 

動物の体内で充分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のことをいいます。必要アミノ酸は、不可欠アミノ酸ともいいます。

 

 

 

酸性の食べ物を食べ過ぎると体に良くありません

 

酸性の食べ物は、体の消化をする際にミネラルを一緒に使います。
体の器官で使うはずのミネラルが取られてしまうため、血の巡りが悪くなってしまうのです。

 

血の巡りが悪くなると、体の間接などに血液が運ばれず、白血球も運ばれず免疫力が低下してしまいます。また、体も冷えやすくなり冷え性等の原因にもなりえます。

 

 

 

酸性の食べ物を食べるときに気を付けること

 

酸性の食べ物を食べるときには、アルカリ性の食品を一緒に食べるようにしましょう!キノコ類や海藻類・野菜類等を一緒に食べるのがおすすめです。

 

 

まとめ

@ 酸性の食べ物は消化する際に体に負担がかかっている。
A 食べ過ぎには注意
B 加工食品や肉類を食べたりする際にはミネラルを一緒にとりましょう