01_抑えておきたい食の前提知識。〜体を錆びさせないために〜

リウマチにおすすめできる食べ物やほどほどにしておいた方がいい食べ物をまとめました。

 

他のページでは、詳細にどの食べ物がおススメできるのかなどを書いていますが、まずはこのページで基本的な理解をしてもらえればと思います。

 

このページの内容を理解しているか否かで、食に対する考え方で大きな違いがでてくるはずですよ!

 

人間の体は弱アルカリ性

人間の体は弱アルカリ性です。(唐突ではありますが)
人間はもともと弱アルカリ性の体質をベースに保っており、健康的に過ごすためには弱アルカリ性を保ってい行く必要があります。

 

食べ物には、アルカリ性の食べ物と酸性の食べ物がありますが、リウマチを予防し、改善していくためには

 

 

アルカリ性の食べ物と酸性の食べ物とは

食べ物には、大きく2つの種類に分けられます。@アルカリ性の食べ物とA酸性の食べ物です。

 

アルカリ性

アルカリ性の食べ物というは自然食で根菜や野菜などのようなためものです。

 

酸性

酸性とは、加工食品で肉料理だったり冷凍食品など人工的に手が加わったものを言います。

 

酸性の食べ物は、もともと弱アルカリ性体質の人間の体質とは異なる食べ物であるため、消化するために体の負担がかかってしまうのです。

 

 

体の負担をかけるとなぜいけないの?

酸性の食べ物を消化するときに、体に負担をかけてしまいます。では、なぜ体に負担をかけてしまうのが良くないのかについて説明します。

 

酸性の食べ物を食べると、胃が食べ物を消化し吸収するために、体内の他の器官の栄養素(アルカリ性であるミネラル)を補強して使ってしまいます。

 

他の器官は栄養素をが持っていかれてしまっている状態になるのです。体内の栄養素が中和のために奪われて行ってしまう状態のままだと、体が酸性よりに傾きます。体が錆びた状態となるのです。

 

体が錆びた状態になるとどうなるの?

体が酸性よりに傾き錆びた状態になると、色々な病気になりやすくなります。例えば、リウマチ、膠原病、骨粗鬆症などです。

 

リウマチの予防、対策をしたい方はぜひ体を錆びた状態にしないようにしてもらうことを念頭に置いていいただきたいです!

 

まとめ

 

@人間の体はもともと弱アルカリ性
A食べ物にはアルカリ性と酸性の2種類がある
B酸性の食べ物は消化・吸収の際に体内のミネラルを使い、体の負担になる
C体に負担がかかった状態だと体が錆びてしまう
D体が錆びてしまうとリウマチなどの病気にかかりやすくなってしまう