リウマチを予防したい!

リウマチを予防するならどうすればいいの?

手の指がいつも曲げられないの。なにかと不自由で困っているの。ちょっとしたことに悩まずに自由な生活を取り戻したい!

 

 

リウマチは、お年寄りの人に多い症状という印象が強いかもしれません。しかしながら、若い女性に症状がでる可能性も非常に高いのです。
このサイトでは、リウマチについて理解を深めて少しでも予防・改善に役立ててもらうためのものです。動画で分かりやすく見るならこちら(youtubeに飛びます!)

 

リウマチってそもそもどんな症状?

リウマチとは、免疫系の障害によって引き起こされる病気をいいます。本来、免疫は外的から自分の体を守ってくれるためのものです。しかし、その免疫が誤作動を起こしてしまいリウマチの症状が出てきてしまうのです。また、日常生活が不自由になってしまうだけではなく、内臓の病気も発生したり、寿命にも影響することがあります。予防する上でも知っておいておきたいところですね。

 

主に3つの症状となります。

 

@関節機能の低下
A内臓の病気のリスク
B寿命に影響するリスク

 

具体的にどんな症状がリウマチのサインなの?

関節リウマチの症状としては、指がこわばってしまい、指を曲げられなくなってしまうのです。
関節リウマチの場合、腫れを見れば確認することができます。例えば、指の第2関節と第1関節の間だけ腫れていたりするとリウマチになっている可能性があります。

 

こんな症状があれば関節リウマチの恐れがあります。(参考:リウマチセンター
ブヨブヨとした腫れ⇒中にゼリーが詰まっているような腫れ方をしている。
じっとしていても痛みがある⇒動かした時だけでなく、じっとしている時にも痛みます。
第2・第3関節が腫れやすい⇒腫れるところも重要な着眼点となります。
その他の症状⇒がでる、息切れしやすい、目の充血などが挙げられます。

 

リウマチの予防をするにはどんな方法がいいの?

リウマチはできればなりたくないですよね。予防には、日常生活を正常なものとなっているか確認する必要があります。以下では、予防のためにも日常生活で役立ててほしい情報をお伝えします!

 

今からでもできる予防方法を紹介していきます!

 

ちなみにリウマチになった後でも治せるの?

 

関節リウマチは、現在は完治とまではいかないものの寛解(かんかい)の状況にまで改善していくことが可能です。寛解(かんかい)とは、完治とは言えないけれど実質的にその症状がなくなったといえる状態のことをいいます。一般的に、メトトレキサートという製剤を使うことでリウマチの進行を抑える対処となります。できれば予防で防いでおきたいところです。リウマチを発症してしまってからでも、十分に対策はできますが症状を改善するための負担が大きくなってしまうのは事実です。リウマチ早いうちに、軽いうちに予防してしまうのが一番です☆

 

禁煙でリウマチの予防!

関節リウマチになるのを防ぐ(予防する)、もしくは症状を早く改善し純粋な自由な生活を手に入れるためには、禁煙が大切になります。統計的に、タバコを吸う人の関節リウマチ発症率は高いという結果が出ているのです。タバコを吸うと免疫が低下してしまうのが原因に上げられます。

 

関節リウマチ患者のでもタバコを吸う人はリウマチが進行しやすくなってしまいます。治療をしても、治療の効果も低くなってしまいます。免疫力の低下は肺炎やインフルエンザも招きやすくなり、治療の合併症が発生し約なってしまうのです。リウマチ以外にも症状がでてしまうのは悲しいことです。

 

リウマチを予防するためには、禁煙をするのはとても大切なことなのです!しかし、リウマチの予防のためだからといって、禁煙をするのは難しいという方も少なくありません。リウマチの予防にも効果的な対策なので、工夫はしておきたいところですね!

 

禁煙を成功するコツは?

 

禁煙グッズのお馴染みはニコレット電子タバコです。禁煙アイテムをうまく使って禁煙を成功させたいですよね!

 

実はリウマチの予防にもいい!インフルエンザなどの感染を防ぐ!

リウマチは何かのきっかけで発生するということも考えられます。季節の変わり目や秋冬などに一般的にかかってしまうインフルエンザもそのきっかけの1つになりかねません。リウマチの予防をするためにも、インフルエンザも極力防げるようにするのが効果的です!関節リウマチが発症するきっかけを防ぐだけでも、大きな予防になります!

 

腸内環境の改善もリウマチ予防につながります!

近年、腸内の状態とリウマチとの間に因果関係があるかもしれないという研究結果があるようです。腸内環境を健康に保つことで、体の免疫機能が正常に発揮されるのです。リウマチの予防にも効果的です^^

 

もし、健康状態が不安定だと、免疫機能が誤作動を起こしてリウマチにつながるのかもしれないのです。リウマチを予防するためにも腸内環境も整えておきたいところです!

 

 

食事からも関節リウマチの予防が期待できます!

食事からでもリウマチの予防に効果を期待できるものがあります。発症を抑制したり、病気を抑制したりするためにも、1つずつ紹介してきましょう!

 

緩和脂肪酸の摂取を減らすためにオリーブオイルも予防にGood!

リウマチの改善に効果が期待できる予防として飽和脂肪酸の摂取を減らすという方法があります。バターやマーガリンよりもオリーブオイルの方が効果的と言われています!

 

飽和脂肪酸とは?デメリットは?

 

飽和脂肪酸の意味について解説します!飽和脂肪酸とは、肉類および乳製品に多く含まれている脂肪酸のことを言います。融点が低く、血中のコレステロール値を上げ、脂肪組織にたまりやすいのがデメリットです。詳しく知りたい方はこちら(外部サイトへリンクします。)

 

腸内環境を整えてくれる!ヨーグルトも予防に期待!

リウマチの原因として、腸内環境の悪化もあげられます。その予防手段として、腸内の善玉菌を増やすという方法があります。菌が生きているタイプのヨーグルトを食べると予防が期待できます!

 

リウマチの予防で、その他いいものは??

 

魚も、リウマチの予防のもいいという文献もあるようです。魚はお肉よりも脂が体内に残りにくいとう効果があるのは事実ですし、リウマチの予防のためにもプラスの一面がありそうですね!

 

生活習慣からもリウマチの予防はできるのです!

関節リウマチの原因として、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の異常によるものとも考えられています。朝起きた後には、口の中の雑菌を除去するためにもうがいをすることが大切です!食後にも口の中の掃除をすることで、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を少なくして色々な病気の予防にもつながります。

 

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)?

 

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは、人間を含めた動物の腸内に常在する一群の細菌の総称のことを言います。詳しく知りたい方はこちら(外部サイトへリンクします。)

 

予防のために期待できるサプリメントはあるの?

市販のサプリメントで、リウマチの予防・改善に効き目がありそうな成分があれば試してみたいという方も少なくないと思います。

 

一般的にメトトレキサート製剤でリウマチの進行を抑えるが一般的な対処方法となります!

 

メトトレキサートとは?

 

免疫抑制作用を持つ抗リウマチ薬で、世界的に普及している薬のことを言います。リウマチと診断された場合には、症状を悪くしないための予防としての用途も含めて使用するのが一般的です。

 

メトトレキサートの効果は??

メトトレキサートには直接痛みを抑える作用はありません。なので、すぐに効果が現れたりはしません。効果は早ければ 2 週間目頃より関節症状が良くなりはじめます。

 

効果として、2割の人が寛解(かんかい)という痛みや腫れがなくなる状態になり、7割の人が関節の痛みや腫れが改善されます。

 

処方してもらうとしたら、どのぐらい飲むの?

リウマチの症状を改善するために、メトトレキサートは1週間のうち、1〜2日の間服用をします。量は効果と副作用を見ながらの決めることになるのが普通です。

 

メトトレキサートをする前の注意点は?

過去の服用や、過去に患った病気などについてはあらかじめ、主治医に伝えましょう!隠したりということがない様にすることに注意しなければいけません。

 

@ 以前に同じ薬を服用したことがある、そして、その薬により副作用が行ったことがある。
A 血液やリンパ系の病気を、過去も含めて患ったことがある。
B 結(けっかく)核や肋ろくまく膜炎を以前に患ったことがある。
C 肝臓、腎臓、肺の病気がある。
⇒肝臓の病気としては B 型、C 型肝炎といわれたことがあるか、アルコールの摂取量が多すぎないかどうかも大切です。
D 輸血を受けたことがある。
E 感染症にかかっている。
⇒現在何らかの感染症にかかっていれば、メトトレキサートは感染症が良くなってから開始します。
F 妊娠、授乳の予定がある。

 

副作用について知りたい!

副作用としては、血球減少症や間質性肺炎や感染症などが発症する可能性があります。これらの症状は、病院に通院ができていれば症状を発見することができるため大きく心配する必要はないかと思います!

 

リウマチの予防に温泉はいいの??

よく温泉で見かける「リウマチに効く温泉。はたして効果の程は?
血行が良くなることで次の日に関節をスムーズに曲げることができるという効果が期待できます!

 

リウマチにいいとされる温泉に定期的に行くことで、予防効果は高くなります。仮に発症していても、通うことでリウマチに一定の効果はあるでしょう!継続が大切になります。

 

関節リウマチに温泉が効果的な2つの理由

 

@温熱による血行促進効果
A浮力による痛みの軽減

 

リウマチに予防改善に効果的と言われている療養泉は??

特にリウマチの予防や症状改善に効果的と言われている療養泉はラドン温泉(放射能泉)です。温泉に含まれている微量の放射線が、炎症に効果的と言われているのです。

 

リウマチの予防もしくは、対策には家庭のお風呂でもできる余地があります!

温泉まで行けない場合でも、家庭のお風呂にゆっくりつかるだけでもリウマチを予防したり、症状の改善効果を期待することができます。

 

入浴剤を使えば気分も良くなるでしょう。予防・改善をする意味でも入浴は積極的に行ったほうが良いといえます。

 

日ごろからシャワーだけで済ませる方も非常に多いかと思います。しかし、日ごろからお風呂に入ることでもリウマチの予防になるので、習慣化しておきたいところですね!

 

自宅のお風呂用の入浴剤でおすすめのアイテムってある?

ポイントは温室効果で朝まで冷えを防ぐことです!和漢パックとローズミルキーバスの相乗効果を利用したkankai(カンカイ)という入浴剤とかがリウマチ予防にも良くておススメです☆

 

このkankai(カンカイ)は、リウマチだけではなく神経痛の予防・改善にも効果が期待できます。もし、家族で神経痛に悩んでいる人がいる場合には予防と改善のために使うのもいいですね☆

 

kankai(カンカイ)の紹介
@じんわりポカポカする効果のある和漢パック!

kankai(カンカイ)は和漢パックを使用!1日目は和漢パックをお風呂に浮かべたまま入浴⇒2日目はその和漢パックを揉みながら成分を絞り出して入浴!1週間のうち6日使用します。

 

Aリラックスと保湿をサポート!ローズミルキーバス

ローズミルキーバスは、和漢パックを使用しない時にそのままお風呂に入れて使用します!1週間のうち1日使用します。

 

kankai(カンカイ)はお風呂で、リウマチの予防・改善をするのに手ごろな点で魅力的なんです。お風呂で軽くストレッチをしたりすると効果があがるかもしれませんね!kankai(カンカイ)は30日間返金保証もあるのは魅力的です!